リフォーム・リノベーション

築35年RC造マンション、ファミリータイプリノベーション事例

新着のリノベーション事例をご紹介します!今回の物件は、築35年RC造マンション、ファミリータイプのお部屋です。
長期入居を経て空室になったこちらの物件。通常であれば速やかに原状回復を行い募集をかけたいところですが、募集賃料は下げざるを得ない状況でした。
この度のリノベーションにより、最新の入居者ニーズを反映した快適な住空間へ生まれ変わりました。

ニーズと乖離した間取り

本物件は昔ながらの細々とした3DKで、うち1室は和室です。そしてファミリータイプでありながら屋外に洗濯機置場がある点は、これだけでお客様に敬遠される要素となっていました。
また、長期入居による室内の傷みも目立ち、原状回復費が高額になることが予想されました。そこで、フルリノベーションによる老朽箇所の変更と生活動線の改善を行いました。
ポイントは次の通りです。

間取りを大幅に変更

3DKだった間取りは2LDKに。15・2帖のリビングはコンパクトなファミリータイプでありながらゆとりのある空間を演出しています。また、押入れのあった箇所を拡張し、ニーズの高いウォークインクローゼットを造作しました。

和室を洋室に変更

株式会社リクルート住まいカンパニーが2018年に実施した「2017年度 賃貸契約者動向調査(首都圏版)」の、2人以上世帯の方を対象とした『今後住みたい間取り・仕様の相対比較』によれば、「洋室6畳+洋室6畳+DK6畳」を選ぶ人が60・6%であるのに対し、「和室6畳・洋室6畳+DK6畳」は24・0%。洋室のみを好む人が和室ありを好む人の2倍以上という結果が出ています。
和室を好むかどうかは入居者様ご自身の嗜好や生活スタイルにもよりますが、最近の傾向としては和室の有無だけでも成約に関わる可能性があります。この度のリノベーションで全室を洋室としたことで、入居の可能性を広げています。

印象的な空間デザイン

ブラウンのアクセントクロスを基調とした配色。室内写真の見栄えもよく、ポータルサイトの中でも一際よく目立ち、内見時の印象も抜群です。
アクセントクロスのある物件は入居者様に住むことへの充足感をもたらします。

設備機器の入れ替え

壁付けキッチンは対面式キッチンに。ユニットバスは追い焚き機能付きのタイプを採用しました。また、リビングにはTVインターホンを新設しました。いずれも「設備ランキング」で上位に入る人気の設備です。
ネックとなっていた洗濯機置場は室内に新設され利便性が向上しました。使わないときにはロールカーテンでも目隠しができます。

今回のリノベーション工事によって募集賃料は3万円アップの見直しが図られています。
リノベーションをすると賃料アップで資産価値が上がっても、固定資産税評価と相続税評価額は変わらない場合がほとんど。つまり周辺相場よりも高い賃料で貸せるようになっても課税額は変わりません。また相続前に修繕して現金を減らすことで相続税を節税しながら、ご家族には賃料と入居率の上がった価値の高い資産を残すことができるようになります。
このように空室は物件を見直して資産価値を高めるチャンスでもあります。そして入居者様のニーズをお部屋に反映して物件の競争力を高めることは、将来を見据えた価値ある投資といえるでしょう。

お気軽にご相談ください!ZoomでもOK!

お問い合わせはこちら

解決の糸口がきっと見つかります。

  • 空室で困っている
  • 管理会社から報告がない
  • 経費を削減したい
  • 原状回復だけでなくプラスアルファの魅力的な工事提案がほしい
  • 物件ごとの管理履歴をすきな時に確認できるシステムがほしい(家賃明細、建物収支、入居者対応履歴・修繕履歴など)
  • 土日祝日も営業してほしい
  • 賃料滞納者がいて困っている
  • 入居審査の適正化を徹底してほしい
  • 敷地、共用部の美化を徹底してほしい
  • 更新時に相場に合わせた賃料アップの提案をしてほしい
  • 原状回復工事やトラブル対応は特にスピード対応してほしい
  • もっと市況情報やアドバイスがほしい
  • 大規模修繕の経験値が高く、知識を有している管理会社はいないか
  • 投資用の売買情報を定期的にほしい
  • オーナーに寄り添った管理をしてほしい
  • 税理士や弁護士等の有識者に無料で相談できるとうれしい
  • この記事を書いた人

urbic

千葉県市川市の管理会社です。管理戸数は千葉県No.1、管理手数料は1%から。アパマンショップ6店舗展開。市川・船橋・江戸川区の賃貸管理ならアービックへ。

-リフォーム・リノベーション

© 2020 アービックの賃貸管理